自分の強みがわからない時 他己分析を使う方法

強みの診断方法

こんにちは

強み発掘キャリアコーディネーターえるです。

今回は自分の強みを発掘する方法として
他己分析について紹介します。

一人もくもくと自己分析をやっていても
「何だかしっくりこない。」
「これでいいのかな?」
「人と同じになりそう」
といろいろ疑問や不安が出てくることもあります。

こんな時によく言われるのが
「自己分析に加えて、他己分析をやるといいよ。」ということ。

他己分析というのは他人からのフィードバックをもらう

周りの人から「自分はどんな人か」
を教えてもらって自分では気づかなかった自分を知る方法です。

他己分析のメリット

他己分析のメリットは3つあります。

新しい自分に出会える

自分では認識していなかった長所が見つかる
自分では全然知らなかった長所を指摘されることがあります。
私の例ですが
「あなたって結構努力家だったんだね。」
「よく続けられるね」
と周りから言われたことが意外だったことです。

自分では学生時代からこれまでそう思ったことがなかったので
そういう指摘を受けてとても意外な発見でした。

客観的な意見がもらえる。

自己分析だけでは主観的になりがちなことも他己分析で客観的に意見がもらえることで
「ああ、やっぱり他の人から見ても私の長所ってこんなことなんだな」
と自信が持てたり、

1の逆なんですが
自分で長所だと思ったことでも
他人からはあまり長所に挙げられないこともあります。

これは自分では長所と思っていても
もっと違うことの方がむしろ長所と思われていることがあるんですね。

面接の質問対策にもなる

キャリアコンサルタントとしていろいろな人の相談に乗る中で
最近面接官から多くなっている質問として
「あなたは他人からどう言われますか?」
「周りからどう言われることが多いですか?」
ということがあります。

そんな他己分析をしているとスムーズに答えられるメリットがあります。
またこの面接官の質問は
「そう言われたことに対してあなたはどう思っていますか?」
と続くこともあります。
そんな時でも他己分析をしっかりやっていると
対策が出来ていて安心して答えられますね。

他己分析のやり方

友達、肉親、知人などあなたのことを少しでも知っている人の名前をあげる。


他己分析について聞きやすい友達だけではなくて、
家族や親せき、
会社の同僚、先輩、後輩、
地域の人、知人などいろいろな人に聞いてみましょう。

メール、電話、対面で自分の長所を聞く


実際に会って「私の長所ってどんなことがありますか?」と聞くのがやりやすいのですが、

それだけのために会うことが出来ない時はメールや親しい人であればLINEで聞いてもいいですね。

急に「私の長所って何ですか?」とぶっきらぼうに聞くのではなくて
就職活動のために現在自己分析をしているのですが、お願いしていいですか?

現在転職や起業など考えていていろいろ自分の強みなど整理しているのですが~」など
なぜ今、長所について聞きたいのか?を付け加えてみてお願いしてください。

指摘されたこと、共通すること、自分で意外だったことなど整理

他己分析して行ってもらったことを忘れずに紙でもデジタルでも全てリストアップしてください。
共通する点、意外だった点なども忘れず書いてください。

他己分析の質問項目

具体的に他己分析をする時どんなことを話せばいいのかについて質問項目をあげます。

私の第一印象はどうだった?
私の良いところ、優れているところが何かあったら教えてくれる?
私のエピソードで何か印象に残っていることある?
私の言った言葉で何か印象に残っていることある?
直したほうがいいところある?

ただいいところを聞くと
「明るいとこだね」ぐらいしか返ってこないかもしれないので、
印象や言った言葉、エピソードなど具体的に教えてもらえたらいいですね。

他己分析の注意事項

他己分析をする時に「こうしたほうがいいよ。」ということについて説明します。

なるべく多くの人に聞く(数、関係)

自分の親しい友人、身近な人にばかりに聞いて終わってしまうと新しい発見もない可能性が高いです。

聞きやすい人だけでなく、いろいろな繋がりの人になるべくたくさん聞きましょう。
ひとりひとり

  • 家族に見せている自分
  • 仕事での自分
  • 恋人、パートナーに見せている自分
  • 地域、ボランティアでの自分
    いろいろな一面があります。
    また
  • 付き合いの長い人
  • 最近知り合った人など
    自分自身の変化によって、人からの意見も違ってきますよね。

上記の理由からいろんな人に数多く聞くことをおすすめします。

指摘されたこと一覧を作り、長所、短所、 共通項、よく言われることをまとめる。その時、言われて意外だったこともよく考えてみる


一通り意見をもらったら

長所
短所
意外だったこと

の3つのグループに分けてみましょう。

自分の長所、短所の中で一番共通して言われることがやはり自分の長所短所です。

意外だったことについては
そのままにしないで出来れば言ってくれた人に
「どんな時にそう思いました?」とエピソードも交えて聞いてみたらいいですね。

そうすることによって
私って努力家と思ったことはないけど、こんなことに関しては努力していたんだな
「私はあまりリーダーシップがあるとは思っていなかったけど、人から見たら意外と自分から行動しているように見えたんだな」など新しい発見があり、知らなかった自分に出会えることもありますよ。

新卒の人はマイナビのサービスも

新卒の人は
マイナビのサービス
「お願い、他己分析」を使うのもおススメです。
これはLINEで直接他己分析が使えるみたいですね。

普段親しくしている人だからこそ
メールや対面だとなかなか「自分の良いところを教えて」
と言いにくいかもしれません。

だからこういうサービスを使うことで
就職活動に役立てようと思って聞いていることが伝わるから
便利ですね。

まとめ

他己分析のメリットは

  • 意外な自分の長所が見つかることもある。
  • 実際の仕事や面接にも役立つ

私もこの他己分析をしてみて意外な長所を見つけることができました。

実際に他己分析をするとなると
「どうやって聞こう?」

「何を話そう?」

と思いなかなか取り掛かればいこともあるので
是非今回紹介した他己分析のやり方や質問事項などを
使ってやってみてください。

やってみると自分の長所の再確認が出来て
自信をもって強みをアピールできるようになったり、
意外なかくれた長所が見つかったりするこがわかることも多いです。

レポートサイト「エイトストレングス」ご案内

タイプ診断ができるサイトをまとめてみました。
複数のタイプ診断をするのも
自己理解に役立ちます。
下の画像をクリックしてチェックしてみてください。

エイトストレングス

「強み発見のためのタイプ診断8選」

 

関連記事一覧