自分の強みを診断できる本、ストレングスファインダーとは

強みの診断方法

自分の強みは?という問いは
永遠のテーマなのですが
今日はそのテーマに関して一番有名な方法、
ストレングスファインダーについてより詳しく話していきますね。

現在(2019年10月)

ストレングスファインダーが出来るギャラップ社のアプリや
公式サイトがsaleになっています。
動画でも話しています。

てください

ストレングスファインダーとは

アメリカのギャラップ社が提供している強み発掘のツールです。

こちらの本を購入して
専用サイトにアクセスできるシリアルナンバーを入力し
テストを受けることで34個の資質の中の
トップ5の資質がわかります。

ストレングスファインダーの受け方

ストレングスファインダーの受け方は3通りあります。
まず書籍を購入して専用サイトにアクセスする方法です。

この方法が一番安価で(1980円)本で解説を読むことも出来るので一番おススメの方法です。
注意として中古の本を購入すると、解説は読めますが検査はストレングスファインダー自体が受けられないので解説だけ読みたいと言う人以外は新品を購入することが必要です。

こんな感じでアクセスコードが本の巻末に付いています。

次に
アプリを使う方法です。

ギャラップ社のアプリをダウンロードして使います。
こちらは

クリフトンストレングスの上位5つが2440円
クリフトンストレングス34(自分の34のすべて資質の順位がわかる)が6100円

となっています。
この価格は現在(2019年10月現在)sale価格です。

アプリを使う方法は他の方法(書籍を購入する方法、公式サイトで申し込む方法)と比べて割高なのですが、思い立ったらすぐに検査が出来るところがメリットです。

3番目に公式サイトで直接申し込む方法です。

公式サイトはこちら

公式サイトでも現在(2019年10月)
クリフトンストレングスが5850円(SALE価格)となっています。

強みってどんなもの?

強みは長所、自分の良いところと言われます、
私は大学で「強み発見セミナー」を開催したり
自分でもいろいろな人のセミナーを受けたりした経験から
個人的には以下のようなものだと思っています。

  • 頑張らなくても自然にできてしまうこと
  • 初めてやるときもまるでベテランのように出来るもの
  • やればやるほど楽しく、うきうきしてしまう、没頭してしまうもの

時々

「私には得意なことなんてないし、
人より優秀なものもない。」

という人がいます。

でも強みって自然にできてしまうものなので
それが「強み」と気づかないことが多いです。

またそんなに大きな実績がある必要もありません。

そうは言ってもなかなかゼロから自分の強みを探していくのは
大変なのでこういうツールを使って自分はどんな傾向があるのか?を知ることが役に立ちます。

ストレングスファインダーの4つのグループ

ストレングスファインダーで
具体的にどんな資質がわかるか紹介します。

34の資質は大きく分けて4つのグループに分けられます。

人間関係構築力



このグループは人と繋がっていたい、周りの役に立ちたい、それがモチベショーンややりがいになるグループです。

適創生、運命志向、成長促進、共感性
調和性、包含、個別化、ポジティブ、親密性

実行力


とにかく仕事を前に進めたい、実行したいというグループです。

達成欲 アレンジ 信念 公平性 慎重さ 規律性 目標志向 責任感 回復志向

影響力

 

人に影響を与えたい、影響を与えることがモチベーションになるグループです。

活発性 指令性 コミュニケーション 競争性 最上志向 自己確信 自我 社交性

戦略的思考力

まず自分で考えてやりたいというグループです。

分析志向 原点志向 未来志向 着想 収集心 内省 学習欲 戦略性

ストレングスファインダーの効果的な使い方

ただ受けるだけではなくて、

自分がどんな資質があるか、
それはグループにあるのかをまず見てみましょう。
自分がどんな資質があるかわかったら
それはどんな資質と組み合わせるとより効果的なのかも考えてみましょう。

若い時や学生時代は
苦手なことを克服しようと教わりますが、

強みの講座を受けると
「自分にないもの、弱い部分は
それを一生懸命クリアしようとするのではなくて
それが出来る人と協力してやりましょう。」
と言われることが多いです。

ある程度年齢がいくとこういう考えは必要だと思います。

どんな人でも苦手なことがあるから
人に頼ることも大切ですよね、
そういうことをやって
「自分が出来ないことをやってもらっている」

と感謝したり優しくなったりしていきます。

私が実際にキャリア相談を受けた人の中では
着想がある人は口癖が「いいこと考えた!」と言われなくても自分でどんどん企画をするタイプの人がいました。
ただ思いつくままにすぐに取り掛かかって、その後やりっぱなしでもったいないなと思ったことがあります。

こういう人の場合は、
例えば「戦略性」「目標志向」などの資質を持った人と組んで
その後せっかく思いついた企画をどんどん発展していくことも出来るのではと思いました。

34の資質に優劣はない

ストレングスファインダーの34の資質は
どの資質が優秀だ、劣っているということはありません。
この自己診断をしてみて

「最上志向」の人は

自分の強みを活かして生きたい
他の人にも強みを活かして欲しい

という気持ちが人一倍強く
逆にに対してはやりたくない気持ちが他の人より弱いということを知り

「あ、これは私が昔から親や周りの人から良く言われていたことだ」

と納得しました。
逆に私に一番なかった資質は
「回復志向」
この資質を持った人と一緒に協力出来たらとてもいいのかなと思っています。

こんな風に何となく自分でも自覚していた自分の性格を、言語化できるのも自己分析ツールの良さですね。

ストレングスファインダーを以前やったことがある人も

現在34すべての資質がわかるプランがsaleになっているので
この機会に全部リストアップしてみて、自分がどのグループの資質が上位だったか知ることもできるのでおススメです。

 

今日は強み発掘のツール「ストレングスファインダー」についてお話ししました。

【無料メルマガ登録】で自己分析ツールプレゼント中です。
「強み発掘キャリアアップカウンセリング」も案内中(こちらは有料です)

 

関連記事一覧