マイスピーでステップメール配信後日刊メールに移行する時のやり方

マイスピー

こんにちは、

キャリアコーチの前田です。

 

今日は

「マイスピーでステップメール配信後日刊メールに移行する時のやり方」

について紹介します。

ステップメールと日刊メルマガの違い

メールマガジンには

  • ステップメール
  • 日刊メール

の2種類があります。

ステップメールはあらかじめ10通なら10通を最初から書いていて
メルマガ登録してもらった人が

どの日から読んでもらっても
1通目から順に読んでもらうシステムです。

それに対して

日刊メルマガはその都度メールマガジンを書いて送ります
(予約投稿することはできますが)

ステップメールをすべて配信した後に日刊メルマガを送りたい場合、

日刊メルマガのシナリオを先に作っておいて
ステップメールが終わったら日刊メルマガにいってもらうように最初からセットしておく方法

ステップメール10通なら10通を全て配信した読者の方へその後しばらくしてから作成した日刊メルマガを見てもらう

この2つのケースではやり方が違い、
私は最初わからず日刊メルマガが送れずにいたので2つのやり方を説明します。

ステップメールが終わった後に日刊メールを送りたい時

私はメルマガスタンドはマイスピーを使っているので

マイスピーのケースで説明します。

まずマイスピーのサイトに入ります。

次にステップメールのシナリオを開きます。

自分が作成したステップメールが出てきます。

最後のステップメールの鉛筆マークをクリックして開きます。

最後に書いた(私の場合は11通目)のステップメールの本文が出てきます
その本文をずっと下にスクロールしていき

「配信後に実行するコマンド」をクリックします。

「メール配信後のシナリオ登録」

あらかじめ登録しておいた日刊メールマガジンのシナリオを選択します
(この時あらかじめステップメール後に配信したいメールマガジンを登録しておく必要があります

その後忘れずに「更新する」をクリックします。

これはマイスピーのサポートにも書かれているのでステップメールを配信後に
日刊メールを作る時この方法でされている方も多いですよね。

私もこの方法で日刊メルマガを配信できると思っていたのですが
この操作をしても読者数が増えないので変だなと思ってました。

ステップメールを見てもらっていた方から

「日刊メールが届かない」

と指摘もありました。

私の場合は

ステップメールを全部配信し終わりだいぶ経ってから
日刊メールを送りたいと思ったので

大部分の読者さんにこの方法が使えなかったのです

ステップメールの配信が全て終わってから日刊メールを読んでもらい時は

このようにステップメールをすべて配信し終わってから
日刊メールを送りたいという時にどうするかを説明します。

まず最初にマイスピーのサイトに入ります。

「メルマガ一覧」から

配信したい日刊メルマガを選びます。

その日刊メルマガを下へスクロールすると

「追加シナリオ」とあるので

そちらをクリックします。

現在作成しているシナリオが出てくるので

その中から同時に配信したいシナリオ(私の場合は以前のステップメール)をクリックします。

そうすると日刊メールがステップメールの読者さんにも届くようになりました。

このステップメールは私がメルマガを発行して
最初に作成したものだったので同じコミュニティに入っている方が多く
現在の自分の活動も見てもらえるようになりました。

まとめ

情報発信をしていく中で発信内容やオファーする企画が複数出たり
変ることがあります。

私の場合でも初めて作成したのは

オンラインで情報を発信する時の全体像や仕組化について学んだ教材をオファーするステップメールです。

ステップメールを10通組んでそれが終わった時に、

そのままステップメールで続けることも出来るのですが

改めて「自分の仕事にweb集客を活かす」ことをテーマに

日刊でメールマガジンを作成したいと思い

現在は日刊メルマガ「強みを活かしたパラレルキャリア作り」

を中心に情報発信をしています。

メルマガスタンドマイスピーは
使える機能が多くて設定に迷ったりすることがありますが今回私もサポートで何回も聞いてもレスポンスも早く教えてもらえました。

機能が多くてサポートがしっかりしているので
安心して使えておすすめです。

>>マイスピー公式サイトはこちら<<

メールマガジンはweb集客には必須なのですが
最初に使う時は慣れていないので
こうして疑問に思ったことや解決したことは

ブログに書いておこうと思います。

メルマガも読んでみませんか?

メールマガジン「強みをいかすパラレルキャリアづくり」は
強みを知って自分らしく生きるヒントについて書いています。
登録プレゼントとして
自己分析シートもつけていますので
活用してください。

あなたのスキル、体験の棚卸をしませんか?

12月25日までの無料サービス
「あなたのスキル、体験の棚卸をしませんか?」

自分のサービスを作りたい時に必要なもの
それは
「これまでの自分のスキル、体験の棚卸し」
です。
12/25まで強み発掘コンサルをLINE@登録で無料プレゼントしています。